ホーム > 1986〜1990年の重大ニュース

全日本コーヒー協会からのお知らせ

重大ニュース

1986~1990年の重大ニュース

1990(平成2)年:

1)コーヒー輸入量世界第3位に躍進
2)全協組織の再編、拡充と10周年記念式典の実施
3)ICA(コーヒー協定)期間延長決定(1992年9月末まで、経済条項削除)
4)ICO(コーヒー機関)理事会議長国として日本選任
5)日本家庭用レギュラーコーヒー工業会設立
6)全国統一コーヒーフェア実施
7)物流費の商騰・業界を直撃
8)公正競争規約(表示、過当景品)の制定に着手
9)中国コーヒー商工組合組織設立
10)国際がん研究機関(IARC)コーヒーの安全性について特に問題なしと発表
11)海外協力事業の具体的展開(カップテスター講師の派遣、中南米4ヶ国コーヒーミッション)
12)コーヒー消費振興事業の自主的継続

1989(平成元)年:

1)ICA(コーヒー協定)の輸出枠制停止、フリーマーケットへ
2)国際コーヒー相場暴落
3)海外交流・技術協力が活発化(コロンビア視察団派遣、ケニア・インドネシアのカップテスター受入れ、JETRO主催コーヒーシンポジウムの成功など)
4)消費税導入、物品税撤廃される
5)第11次消費振興事業を独自に継続実施
6)RC、IC関税引き下げ
7)日米構造協議における内外価格差問題浮上
8)全協一組織再構築に向け「組織財務検討委員会」が始動
9)「コーヒーの日」定着、国際化進む
10)表示、過当景品の公正競争規約問題が新展開

1988(昭和63)年:

1)日本市場への期待なお一層高まる─海外交流活発化
2)インドネシア「海外貿易会議」成功
3)IC、RC関税引き下げ(ウルグアイ・ラウンド)
4)東京都条例(RC品質表示)来春完全実施へ
5)海外からコーヒー1次、2次加工品輸入激増
6)コーヒー上場問題で騒然、「時期尚早」で決着
7)過当景品類公正取引競争規約・制定を見送り
8)「コーヒーセンター」設立へ横浜市積極的誘致活動展開
9)第2次コーヒー消費振興事業3カ年計画の策定
10)「コーヒー等の表示に関する公正取引競争規約・規則(案)」策定、仮申請手続きへ
11)ハリケーンでジャマイカなどコーヒー生産国の被害甚大
12)1988/89コーヒー年度輸出割当ての決定

1987(昭和62)年:

1)ICOクォータ再導入
2)円高加速で値下げ及び並行輸入激増
3)ICO管理委員会一初の海外開催
4)コーヒー生豆輸入量9年連続の記録更新
5)ディスカウントコーヒーショップ脚光、RC業界に外資・大手企業参入
6)RC品質表示(東京都条例)告示、来春実施へ
7)「全日本コーヒー厚生年金基金」設立
8)海外から要人来日ラッシュ
9)「コーヒー需要動向調査」着手
10)「コーヒーセンター」候補地、横浜に決定
11)「10月1日コーヒーの日」定着

1986(昭和61)年:

1)ブラジル旱魃に伴う相場の乱高下
2)ICOクォータ停止、フリーマーケットへ
3)コーヒー関連品の関税率引き下げ
4)連合会20周年、IC協会25周年記念
5)円高で並行輸入品急増
6)新型間接税(売上税)導入で猛反発
7)コーヒーセンター設立構想再浮上
8)炭(火)焼コーヒー、カセットコーヒー、リキッドコーヒーなど多様化進む
9)コーヒー生豆輸入量8年連続の記録更新
10)サルバドル地震で全協が見舞金
11)RC業界に大手企業参入
12)公正競争規約案策定に向けて本格着手


  • ラブドリ
  • 10月1日はコーヒーの日
  • 日本インスタントコーヒー協会
  • 全日本コーヒー商工組合連合会