ホーム > 1991〜1995年の重大ニュース

全日本コーヒー協会からのお知らせ

重大ニュース

1991~1995年の重大ニュース

1995(平成7)年:

1)アジア初の「国際コーヒー科学会議(ASIC)京都大会」開催(36ヶ国450人が参加)
2)阪神・淡路大震災で業界に大打撃
3)コーヒー生豆の輸入量が3年ぶりに大幅ダウン
4)全協が消費振興拠出金を輸入生豆1kg当たり80銭に変更・効率的運用へ
5)全協が新体制(長谷川会長、山下専務理事)でスタート
6)第5回「レギュラーコーヒーフェア」150万通応募で大成功
7)全協のコーヒー科学情報活動を一層拡充
8)連合会主催で最大消費国の米国を視察・中堅ロースターと懇談
9)コーヒー生産国連合(ACPC)が輸出割当に7月から踏み切る
10)全協顧問渡辺美智雄氏、専務理事黒羽怜一氏が急逝

1994(平成6)年:

1)ブラジルの記録的な霜害で生豆国際相場が3倍〜4倍に高騰
2)原料商騰でコーヒー製品価格が上昇
3)コーヒー生豆年間輸入量550万袋超で記録更新確実
4)1994年ICA(新国際コーヒー協定)が経済条項無しで締結、発効
5)コーヒー製品関税率、ウルグアイ・ラウンドで最終決着
6)国際コーヒー科学会議(ASIC)の理事会、日本で初会合 いよいよ明春、京都会議開催
7)全協消費振興事業の抜本的見直し作業に着手
8)東日本組合50周年・兵庫県組合30周年など、各地組合創立記念行事開催
9)全協が健康問題に前向きに取組み「コーヒー&ヘルス」を発行
10)全協のコーヒーインストラクター制度が発足
11)全日本コーヒー公正取引協議会が有機栽培等の表示を制定

1993(平成5)年:

1)新コーヒー協定の交渉決裂で米国脱退、ICOの空洞化浮き彫り
2)生産国28ヶ国で「コーヒー生産国連合」(ACPC)を結成、輸入留保実施
3)コーヒー生豆輸入量、初の500万袋突破
4)全協(組織・財務委員会)がコーヒー消費振興資金拠出分担金の公平化で答申
5)コーヒーと科学をテーマに「国際コーヒー科学会議」(ASIC)の京都開催決まる
6)「コーヒーの表示規約・規則」5月から完全実施
7)第4回全日本レギュラーコーヒーフェア」新スタイルで実施
8)「日本コーヒー文化学会」の設立
9)全協の初代会長上島忠雄氏急逝
10)「第6回コーヒーの需要動向に関する基本調査」を公表
11)コーヒー関税率、ウルグアイ・ラウンドで引下げ必至

1992(平成4)年:

1)全協が「コーヒーと健康」に積極的対応方針を決定
2)新ICA「経済条項」再導入のため管理制度技術部会を設置
3)コーヒー関税率、ウルグアイ・ラウンドで引き下げ必至
4)国際コーヒー価格の低迷続く
5)第16回ASIC「国際コーヒー科学会議」を1995年、京都にて開催を決定
6)「環境にやさしい食品包装等の適正化自主基準」を作成、積極的に対応(減量化、資源再利用、容器リサイクル)
7)1993年第6回「コーヒーの需要動向に関する基本調査」を実施
8)「全日本コーヒー公正取引協議会」コーヒー表示競争規約・規則の完全実施を推進(会員177社、アウトサイダー24社含む)
9)『公正』マークの制定及び分別回収用スチール缶表示の実施
10)アフリカコーヒーミッション、ケニア・タンザニア訪問成功
11)エルサルバドル「海外貿易会議」成功裡に終了

1991(平成3)年:

1)全日本コーヒー公正取引協議会設立
2)ICA期間延長決定(93年9月まで)
3)日本インスタントコーヒー協会創立30年を迎える
4)環境問題に業界が積極的対応
5)「ASIC国際コーヒー科学会議」の開催を決議
6)コーヒーエキスの輸入量急増とリキッドタイプの需要躍進
7)日本企業の海外進出(輸出・出店・農業事業など)活発化
8)グルメコーヒーなど高付加価値商品が台頭


  • ラブドリ
  • 10月1日はコーヒーの日
  • 日本インスタントコーヒー協会
  • 全日本コーヒー商工組合連合会