ホーム > 1996〜2000年の重大ニュース

全日本コーヒー協会からのお知らせ

重大ニュース

1996~2000年の重大ニュース

2000(平成12)年:

1)コーヒーの輸入通が増加、2年続けて記録更新必至
2)インスタントコーヒー需要堅調で国内生産が2年連続の増産必至
3)無糖タイプの躍進で缶コーヒー市場が3年ぶりに増加の見込み
4)新スタイルのカフェに女性客の支持広がる
5)新2001年国際コーヒー協定が成立、全協の国際的役割高まる
6)全協・創立20周年記念式典を盛大に開催
7)東京毅物商品取引所のコーヒー先物が本上場に移行
8)コロンビアFNCとの電子商取引始まる
9)「有機珈琲」等の表示制度にJAS法が適用される
10)第7回「にっぼん全国コーヒーまつり」(連合会主催)が好評

1999(平成11)年:

1)コーヒー生豆の輸入量が記録更新
2)家庭内コーヒー消費好調(インスタント、レギュラー、リキッドとも大幅増加)
3)スペシャリテイーコーヒープームの中で国際交流活発(アジア初の『世界スペシャリティーコーヒー会議』開催、ITCグルメコーヒープロジェクト、イタリア研修視察)
4)コーヒーの効用に関する研究が続々発表
5)コーヒー協定の延長に伴い全協の国際的役割増加
6)全協の海外交流活発化(通産省海外貿易会議、ベトナム技術協力、米国大学コーヒー研究支援)
7)「5年後(2003/1999年)の飲用総杯数予測は6.7%増の599億杯」(第9回需要動向調査まとまる)
8)10月1日「コーヒーの日」に全協新機軸のキャンペーン実施し応募数20万通超す
9)連合会主催による喫茶店参加の「日本全国コーヒーまつり」大好評
10)新スタイルのカフェが出店急増

1998(平成10)年:

1)コーヒーの健康イメージ定着化、マスコミでも話題となる
2)ICOで「消費量は2001年には40万トンを超す」見通しなど日本市場を紹介
3)東京穀物商品取引所がコーヒー生豆の先物取引(試験上場)を開始
4)ICの簡便性、経済性、品質向上で不況下でも需要が好転
5)家庭用RC市場で簡易型・軟包装材製品が定着、需要も堅調
6)エスプレッソの人気上昇で新業態のコーヒーショップチェーン展開が活況
7)コーヒー業界もISO取得に始動
8)全協がベトナムにカップテストなどの品質管理の技術協力を開始
9)全協が「コロンビアコーヒー訪問団」を派遣し、現地を視察
10)需要の活性化を狙い「ビバ・カフェ・フォーエバー」キャンペーンが世界規模で始動
11)中南米諸国にハリケーン襲来、コーヒー生産国の被害甚大、全協も義援金を拠出
12)全協が、コーヒーがわかるホームベージを開設、会員各社ともリンクへ

1997(平成9)年:

1)需要逼迫に投機介入が加わり国際コーヒー価格が20年ぶりの高値
2)相場高騰に円安が追い討ち、製品価格の値上げ相次ぐ
3)健康・ダイエットブームでコーヒーの効用にマスコミの関心高まる
4)コーヒーの「癌の転移抑制効果」が発表される
5)エスプレッソ系メニュー(カプチーノ、カフェラテ)の定着等コーヒー市場の多様化進展
6)史上最大のエルニーニョで生産に不安感
7)全協が第17回「ASICナイロビ大会」に代表団を派遣
8)全協が第1回のコーヒーサイエンスセミナーを開催
9)コロンビアFNC、グアテマラANACAFE総裁や生産国在日大使が全協幹部を来訪
10)ジェトロ主催「コーヒーフォーラム」に全協が後援、生産国が輸出促進策を表明
11)連合会がイタリアコーヒー市場を研修視察
12)全協がインターネット開設
13)ICOの「グルメコーヒープロジェクト」に全協が協力
14)東京殺物商品取引所が「コーヒー取引要綱」を提示

1996(平成8)年:

1)国際相場の安定化でコーヒー消費増加、生豆の輸入回復
2)ベトナムで開催の「コーヒー海外貿易会議」に大型ミッションを派遣
3)ICO(国際コーヒー機関)ロダー事務局長が来日し全協幹部と懇談
4)エスプレッソ系メニューがブームを呼ぶ
5)コーヒーの効用(老化防止とがん予防)に関しグエン博士が研究発表
6)全協が委貝会組織を見直す
7)全日本コーヒー商工組合連合会の「創立30周年記念大会」開催
8)日本家庭用レギュラーコーヒー工業会の「エッセイ大賞」に2000通の応募
9)欧米大手企業の日本進出相次ぐ(米スターバックス、米フォルジャー、伊イリカフェ)
10)太宰府天満宮で珈琲奉納200年記念イベントを実施
11)環境対策で家庭用コーヒー製品包装容器の省資源化進む
12)全協で「上場問題研究会」が発足


  • ラブドリ
  • 10月1日はコーヒーの日
  • 日本インスタントコーヒー協会
  • 全日本コーヒー商工組合連合会