-----

コーヒーの「味」と「香り」を大切にする製法

インスタントコーヒーは、コーヒー抽出液から水分を除去したものです。したがって水分を加えれば元に戻るのです。インスタントコーヒーの製造には上図のように2つあります。

フリーズドライ
濃縮されたコーヒー液を零下40度前後の低温で凍結させ、真空状態で昇華させます。すると氷の結晶があった部分はそのまま空間として残り、大粒の粒子ができます。この製法は低温処理のため、コーヒーのアロマがより良く保存されます。
スプレードライ
高温の乾燥塔の中で、濃縮されたコーヒー液を噴霧すると、瞬間的に水分が蒸発し、乾燥した細かい粉末状のコーヒーができあがります。