ホーム > コーヒービジネス最前線

コーヒービジネス最前線

記事一覧

2020/3/15
Vol.106 オランダ:フク(FUKU)・フライドハッツ(FRIEDHATS)
今月はオランダ・アムステルダムからトレーサビリティを大切に、美味しいコーヒーを作る経営者たちをご紹介します。今回は、生産者との関係を築いて希少価値の高い「レアコーヒー」を提供し、容器の再利用にも目を配るふたりです。

2020/3/1
Vol.105 オランダ:ボッカ(Bocca)・トラボッカ(Trabocca)
今月はオランダ・アムステルダムからトレーサビリティを大切に、美味しいコーヒーを作る経営者たちをご紹介します。まずは、大規模なビジネス展開で現地との信頼関係を構築している、卸業者です。

2020/2/15
Vol.104 ドイツ:オロモ(OROMO)
東西ドイツが統一して30年。再び統一ドイツの首都となったばかりのベルリンは、実は新しいビジネスアイデアが次々と生まれる場所でもありました。近年は欧州スタートアップのメッカとしても知られています。 SDGsをテーマとしたコーヒービジネスを追うシリーズ、今回はサステイナブルなコーヒー・スタートアップの中から、環境に配慮しながら美味しいコーヒーを提供する「オロモ」を紹介します。

2020/2/1
Vol.103 ドイツ:コーヒーサークル(Coffee Circle)
東西ドイツが統一して30年。再び統一ドイツの首都となったばかりのベルリンは、実は新しいビジネスアイデアが次々と生まれる場所でもありました。近年は欧州スタートアップのメッカとしても知られています。SDGsをテーマとしたコーヒービジネスを追うシリーズ、今回はサスティナブルなコーヒー・スタートアップの中から、先駆け的存在の「コーヒー・サークル」を紹介します。

2020/1/15
Vol.102 イギリス:ウェイトローズ&パートナーズ(Waitrose & Partners)
持続可能な開発目標(SDGs)について語られることが増えてきた昨今。世界のコーヒービジネスでも、すでに多くの取り組みが始まっています。今月はイギリスの事例をご紹介。環境問題への意識が高いチャールズ皇太子がパトロンの大手スーパーマーケットでは、量り売りなどを通してエコチャレンジを推進しています。



  • 環境自主行動計画
  • 日本インスタントコーヒー協会
  • 全日本コーヒー商工組合連合会
  • 日本家庭用レギュラーコーヒー工業会