全日本コーヒー協会

植樹 植樹
会員企業等のSDGs

全日本コーヒー協会の会員各社は、持続可能なコーヒー生産に向けたさまざまな取り組みを実施しております。

コーヒー生産への支援活動

小規模生産者を支援・育成して地域経済活性により貧困を減らす取り組みが行われています。またコーヒー生産者から小売りまでを透明性をもった信頼関係でつなぐために、生産国での技術指導を行っているほか、コーヒー生産国の環境や労働面への配慮、子供たちの教育環境、働く女性たちの雇用整備の向上なども支援しています。

コーヒー品種改善

持続可能なコーヒー生産に向け、優良品種を育て、気候変動や病害虫への耐性を持ちつつ、豊かな味わいも備えた品種の発掘を目指しています。

認証コーヒーの取り扱い

認証コーヒー(フェアトレード、オーガニック、レインフォレスト等)は、コーヒー生産国の地域社会や環境を守りながらサスティナブルな世界の実現を目指す取組み。認証コーヒー製品を市場に届けることで、コーヒーの生産者と消費者がつながり、持続可能な社会づくりを応援できます。

バイオ、リサイクル、森林保護、気候変動の防止・対策

資源の有効利用を促進するため廃棄物の発生抑制に努めるほか、発生した廃棄物についてリサイクルを進めていきます。また、環境省が進める低炭素社会実現に向けた気候変動キャンペーンにも取組んでいます。