ホーム > コーヒー海外事情

コーヒー海外事情

記事一覧

2018/4/18
グローバル+ローカル、台湾コーヒー文化の歩み。
食のクオリティーにうるさい台湾で、若い世代を中心にコーヒー・シーンにも大きな変容が起こっている。世界のトレンドを敏感に察知し取り入れる店がある一方で、コーヒー本来の味と役割に立ち返ろうとする動きも。そのエッセンスを台北で覗いてみよう。

2018/4/18
日本の影響も色濃く残る、台北のコーヒー文化。
日本からの年間渡航者数が190万人に上る台湾。互いの行き来が盛んな分、よく知り合っているようだが未知の部分も多く、それがまた発見する喜びとなってリピーターを増やしているようだ。

2018/4/18
【駐日大使のコーヒーブレイク】駐日コスタリカ大使
中央アメリカ南部に位置し、カリブ海と太平洋に面したコスタリカ共和国は、高品質なコーヒーを生産する国として知られています。国民が大切にしているコーヒーへの熱い想いを、大使が話してくださいました。

2017/12/19
コーヒー消費大国、ルクセンブルクのカフェ。
隣国からコーヒーを買いに来る人が多く、人口の約1/3にあたる数の越境通勤者がいるルクセンブルクは、統計上では人口ひとり当たりのコーヒー消費量が世界一。 新しいコーヒー文化がゆっくりと広がり始めたこの国で、パイオニアたちが開いたカフェにはさまざまなストーリーがあった。

2017/12/19
“隣国よりもお買い得”なコーヒーの秘密。
ドイツ、フランス、ベルギーに囲まれた、緑豊かな小国ルクセンブルク。国民の大半が4カ国語を操り、多くの世界企業が欧州の拠点を置くこの国には、170カ国以上の国籍の人々が住んでいる。



  • ラブドリ
  • 日本インスタントコーヒー協会
  • 全日本コーヒー商工組合連合会
  • 日本家庭用レギュラーコーヒー工業会