ホーム > コーヒー海外事情

コーヒー海外事情

記事一覧

2019/12/24
パースのコーヒーには、地球を愛する気持ちが香る。
オーストラリア南西部の都市パース。海と陸の大自然に囲まれたこの街の人は、自然と地球に対するリスペクトの意識が高い。コーヒーショップでは、その思いを店側と客側が共有し、廃プラスチック削減などの取り組みをサラリと実践している姿が見られた。

2019/12/24
コーヒーがエコ・フレンドリーにひと役買う国。
オーストラリアではコーヒーショップとそこを利用する顧客のエコ意識が高く、店ごとに様々な取り組みが見られる。

2019/12/24
【駐日大使のコーヒーブレイク】駐日ペルー共和国大使
古代インカ文明の遺跡があることで有名なペルーは、南米第三位のコーヒー生産国。近年は美食の国としても注目を集めています。ペルーのコーヒー事情や食文化について、大使夫妻にうかがいました。

2019/8/30
知られざるコーヒー大国、インドの不易と、流行と。
紅茶の生産やチャイの飲用で知られるインド。しかし、この国のコーヒーの歴史は紅茶のそれよりも遥かに長い。中でも生産地が集まるインド南部の人々は特にコーヒーを愛する。マドラスの旧名で知られるチェンナイを訪ねてみよう。

2019/8/30
マドラスコーヒーに欠かせないチコリについて。
南インド、タミル・ナードゥ州の州都チェンナイは、人口が850万人を超えるインド第4の都市。旧名の「マドラス」はイギリス東インド会社がこの地をヴィジャヤナガル王国から取得し、1639年にセントジョージ要塞を建設した際に付けられたものだ。



  • 環境自主行動計画
  • 日本インスタントコーヒー協会
  • 全日本コーヒー商工組合連合会
  • 日本家庭用レギュラーコーヒー工業会