Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

コーヒー・ワンダーランド

MUSIC

コーヒーだって大谷級!?「&」で結ぶ二刀流の魅力。
今年は4年に一度のFIFAワールドカップ開催の年だった。我が日本代表は大会直前の監督交代などもあり、戦前の予想は惨憺たるもの。しかし蓋を開けると誰もが想像もしない躍進を遂げ、見事にベスト16入りを果たしたことは記憶に新しいだろう。

「3分間のドラマ」で輝く、コーヒーという名脇役。
 先日、興味深いニュースが飛び込んできた。アメリカの名門ハーバード大学が、学生が制作したラップのミックステープを学位論文として認めたというのだ。

J-POPのくせ者は、不思議なコーヒー好き?
 まだネットの炎上などがなかった時代、ジョン・レノン派の人たちに、深みのないラヴ・ソングばかりを書くと揶揄されたポール・マッカートニーは、「誰もがみんな馬鹿げたラヴ・ソングはもうたくさんだと思ってるって君は言うけど、ぼくはそうは思わないね」と歌った「心のラヴ・ソング」(原題「Silly Love Songs」)で反撃に出たのは有名な話。

知るほどに味わい深い、「ブラック・コーヒー」の魅力。
もう半世紀も生きているというのに、まだまだ大人になりきれない自分に愕然とすることがある。道を歩いていて、若いコに追い抜かれるとムキになって追いつこうとしたり。

「一杯のコーヒー」が描く、旅立つ男の心象風景。
あなたは想像できるだろうか。一杯のコーヒーのない、朝食の食卓や仕事部屋の風景を。友人との語らいの場やのんびりとした休日の午後のひと時を。コーヒーを愛する者にとって、もちろん答えは「ノー」だろう。



  • 環境自主行動計画
  • 日本インスタントコーヒー協会
  • 全日本コーヒー商工組合連合会
  • 日本家庭用レギュラーコーヒー工業会